single.php

2021年10月15日  練馬支部 10月例会

2021年10月15日  練馬支部 10月例会

『成長企業の未来型組織改革!』
 ~変える怖さを乗り越える、IT企業の社長の強さ~

 報告者:宮城 勤氏 株式会社アイグローブ 代表取締役

 10月例会は練馬支部会員、㈱アイグローブ 代表取締役 宮城勤氏ご登壇!
株式会社アイグローブは、システムインテグレーション事業や、デジタル・トランスフォーメーション事業を中心に手掛けるIT企業です。 宮城氏は23年前、友人と共に現在の会社の前身となる会社を起業しましたが「この会社に未来が感じられない」と離職する社員が増え、事業継続が困難な状況となる中、最終的に一人で会社を立て直す決断にたどり着きました。 その後は社員と共に成長する企業へと生まれ変わり、離職率も激減。 今では300名を超える組織になり、小企業から中堅企業へと成長されました。
 しかし組織が大きくなるにつれ、今までにはなかった問題も発生するようになりました。 「現状の組織では問題がある」と考えた宮城氏は「組織改革」を決断します。 どの様な考えで、どの様な組織にするのか?その先のビジョンは? 組織にお悩みのある経営者だけでなく、多くの経営者に聞いて頂きたいお話でした。
     

【当日の感想】
 宮城さんのお話は、例会以外、ビジカルランチ・大正大学や武蔵大学でも聞かせて頂いてきました。 いつも思うのですが、お話を聞いた時の内容が、後々支部の皆さんとの話の中に出てくるなぁと感じております。 仕事でお客様とお話をしている時にも、宮城さんのお話でお聞きした事をお話していることがあります。それだけ印象に残り、その時に腑に落ちて役に立つ内容なのだと思います。 今回の例会は、「組織変革」のお話が中心で、「ティール型」というまだ中小企業ではあまり馴染みのないものでした。 それでも「変える怖さ」を乗り越える強さで、「アイグローブ流ティール型」へ新たな挑戦を始められています。
 色々な面でー歩も二歩も進んでいる宮城さんでさえ、今後のために大きく動きだしているのですから、自分はもっと変わらなければならないと感じました。
 皆さんから目標にされるような宮城さんですが、近い将来、今回の変革がどの様になったのか、また報告してくださると言って頂けましたので楽しみにしたいと思いました。 
 
株式会社エクセル 城北支店長 田村 紀彦

公開日 :

Copyright © 2022
一般社団法人 東京中小企業家同友会 練馬支部
All Rights Reserved.